スポンサーサイト

0
    • 2016.03.13 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    同期が離婚するかもしれん..

    0
      つい最近久々に会ったK美なんですが、何と離婚するかもしれないと言っていた(´・ω・`)

      会社の同僚と3年前に結婚して、仲良く海外旅行とかにも行ったばかりなのに・・・

      聞けば旦那さんが不倫をしているそうで、本当にヒドイことです(*_*)

      早く別れてしまえと言ったのですが、養育費や慰謝料のことで揉めているそうな。。

      また、マンションのローンも残っているのでそれが頭痛の種だとか。知り合いに、ローンがまだある時は売れないって言われました。おそらく、売却代価が自分自身の懐には入ってこないよ、という意義ではないでしょうか。売るなあ自体はできます。

      ただローンが上回っている以下、仮に売却できても、代価はことごとく金融機関に支払われます。ちなみに、買い方がつかずに売れないなあはありますが、そのはローンの残りとは間柄ありません。

      住居ローンの名義によって変わります。不動産の名義ではないのでご注意ください。ローンの名義がご主人単身だとすれば、未来もご主人が単身で支払責務を負います。ローンの名義が夫妻の協同だとすれば、未来も夫妻2人が支払責務を負います。

      未来の支払責務を改定するには、夫妻だけでなく金庫との中でも、新たなコンセンサスが入り用になります。仮に、ご主人に新たにローンを組んでもらうとすると、当然、ご主人の賛同が入り用になります。そのが難しいかどうかは、ご主人を説きつけるできるかどうかの難しさです。

      仮に住居ローンの名義が夫妻2人の協同名義だとすれば、ご主人と金融機関の賛同を得るしかありません。もちろん、倒産などすれば別個ですが、そこらまでは考えていません。跡形は、家財分与として、ご主人名義の家財(預託など)の五分を請求するなあも考えられます。

      慰謝料として「慰謝料」というなあは、姦通や乱行など、何か精神的試練を受けるご実情があったのでしょうか?何もないとすれば、そもそも慰謝料請求権は生成しません。何らかの試練を受ける実情があったとすれば、住居ローンとは間柄なく、請求できます。やはり離婚や慰謝料問題は大変です。

      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM